*

ゼロファクター 口コミ ゼロファクター

口コミやレビューサイトで話題!ヒゲ剃りの常識を変えるゼロファクターは効く?効かない?

投稿日:2017年5月1日 更新日:

毎朝のヒゲ剃りは肌荒れの原因に!

朝早くヒゲ剃りをしても夕方には肌が青くなって頬にジョリジョリとしてきたり…

かといって深剃りをつづけていると、ヒゲの根元がボロボロに崩れて頬が垂れ下がってしまったり、脱毛剤を使いつづけると自然な肌の肌理の細かさは失われてシミやくすみが目立つようになってしまったり…

ヒゲ剃りでの悩みは尽きないですよね。

体毛の濃さや毛の生えてくるスピードには個人差がありますが、ヒゲ剃りの刃を当てる機会が多いと必然的に肌に対する負担を増えていきます。

しかしだからと言って、肌にダメージを与えることなく、またお金と手間をかけないでヒゲ剃りの回数を減らす方法は非常に限られてきます。

ヒゲ剃りのあとに化粧水やローションを肌に塗ることは、ハリのある肌質を保つために効果的だと言われています。

しかしヒゲ剃りの回数が多く、ヒゲを剃り終わるたびに塗るのでは肌に負担をかけてしまいます。

化粧水を塗りすぎたために肌が空気に直に触れて呼吸する機会を減らしてしまったり、生活環境やリズムが変わると肌質も変わっていくので今まで無害だった化粧水が突然肌にダメージを与えてしまったり…

レビューサイトなどではそういった口コミを多々目にしますよね。

生活の中でヒゲを剃る回数を減らすことが、美しく清潔感のある肌を保つための一番の良策であると言われています。

でも、無精ヒゲはやっぱりみっともないから、そもそもヒゲを剃る回数なんて容易には減らせない…。

 

 

ヒゲの濃さの個人差は体内の男性ホルモンの量で決まる!

では、そもそもなぜヒゲの濃さや生えてくるスピードには個人差があるのでしょうか?

人間の体毛には男性ホルモンの活動が大きく関係しています。

男性ホルモンには、骨を太く頑丈にさせる働きのあるものや、風邪などの病いにかからないように身体を守る手助けをするものなど、ざまざまな種類のものがあります。

その中でも、皮膚に体毛を生やして外界からの攻撃から肌を守ろうとする働きをする男性ホルモンの名前を、テストステロンと言います。

男性ホルモンのテストステロンは、血液の中を移動して毛の根元にくっついてから酸素と接触することで、ジヒドロテストステロンと呼ばれるものに変わります。

このジヒドロテストステロンが体毛に強く太く生えつづけるように働きかける活動をするのです。

つまりヒゲの濃さや薄さ、また生えてくるスピードの遅速は、体の中でのテストステロンの生産量や、ジヒドロテストステロンに変わる際の体内の酸素の量に左右されるのです。

女性の場合、血液中のテストステロンの量が男性の10分の1から20分の1であると言われています。

また元来、女性ホルモンは男性ホルモンの活動を抑える作用があるので、男性よりも体毛が薄く、毛の生えてくるスピードも圧倒的に遅いのです。

なので、逆に体毛を濃くする薬などを服用する際には、筋トレなどの運動をつづけて体の中の男性ホルモンの生産量を増やすことで薬の効果を上げさせる、というのは有名な話です。

それでは、男性ホルモンの量を減らせばヒゲは薄くなる!?という考え方は、間違っています。

男性ホルモンの生産量を無理にさげてしまうと、身体のエネルギーのバランスが崩れてしまい体を守ってくれるものが少なくなる分、体調を崩したり病気にかかりやすくなってしまったりするのです。

肌理の細かな肌を保つためには、男性ホルモンの量を減らすことなく、ヒゲを薄くさせて生えるスピードを遅くさせるのは大前提!

それに加え、健康のために運動などをしてたとえ血液中の男性ホルモンが増えても、影響を受けてヒゲが濃くなることのないような土台を肌に築き上げてあげることが肝心です!

 

 

確実にヒゲを薄くする?抑毛剤のゼロファクター!

ヒゲを剃る回数を減らすのに最も有名なものとして脱毛剤があります。

しかし今口コミやレビューなどで話題にあがっている脱毛剤の多くが、毛の根元を破壊する効果があったり、そもそも肌の潤いを奪って毛の元気をなくす効果があったりします。

なので市販の脱毛剤の多くは効かないという口コミの他にも、自分の肌質にあわないものを使いつづけていると、皮膚に極端なダメージを与えてしまい効果が表れてヒゲの薄くなってきた頃には肌が汚くなってしまった…という口コミも、最近のレビューサイト内ではちらほらと見受けられるようになりました。

そこで近年、肌にかかる負担の大きい脱毛剤に代わり、ヒゲを薄くしたり生えてくるスピードを遅くしたりする効果で口コミやレビューサイト内で話題になっているのが、抑毛剤のゼロファクターです。

脱毛剤は皮膚にダメージを与えてヒゲの元気を奪う効果があり、また個々の肌質により効かない場合もあります。それに対して、抑毛剤のゼロファクターはヒゲへのアプローチの仕方が違います。

まずゼロファクターの成分は、ヒゲを濃くするジヒドロテストステロンに変わる前の男性ホルモン、テストステロンに長い時間をかけてゆっくりと働きかける効果をもちます。

つまりゼロファクターの効果は皮膚や毛の根元にダメージを与えたり、男性ホルモンの生産量を崩したりするものではなく、身体に対してほとんど害のないものなのです。

肌に負担をかけない分、効果が表れるのが遅いため、ゼロファクターは効かないというレビューを目にすることがありますが、多くの場合それは効果が表れるまでゼロファクターを使いつづけていないことに原因しています。

 

 

ゼロファクターでヒゲの薄い清潔感のある肌を!

肌にダメージを与えずヒゲを薄くして生えるスピードを遅らせるために、まずはゼロファクター5aSPシェイブジェルをいつものヒゲ剃りで使用するシャボン代わりに使ってみることをオススメします。

乾燥肌で普段から化粧水などを使用している人は、ヒゲ剃りのあとにゼロファクター5aSPローションを肌に塗ることで、より効果を期待できるという口コミやレビューもあります。

ゼロファクターは肌に負担をかけず男性ホルモンのバランスを崩すこともないので即効性には欠け、そのためにゼロファクターは効かないともレビューなどにはあります。

またレビューサイトの中には3ヶ月から半年後に効果が表れたという口コミもあるように、ゼロファクターの効果を実感できるには個人差があります。

なので、まずは毎回のヒゲ剃りにしっかりと使用して、丁寧に時間をかけて使ってみることをオススメします。

ゼロファクターが効果をあげてヒゲが薄くなってくればヒゲ剃りの回数も減り、肌理の細かい肌を保ちつづけることができます。

皆さんもゼロファクターをぜひお試しください!

 

 

髭脱毛や脱毛関連でムダ毛処理に困ってるならおすすめ

↓ ↓ ↓
ゼロファクター公式サイト

-ゼロファクター 口コミ, ゼロファクター

Copyright© ゼロファクターで脱毛! , 2017 AllRights Reserved.