*

ゼロファクター

髭剃りにもううんざり?ゼロファクターの二刀使いでダブル抑毛効果

投稿日:2017年5月1日 更新日:

髭剃りの頻度はなぜ個人差があるの?

男性にとって髭剃りは避けても通れない道。

毎日毎朝同じことの繰り返しで、朝に髭剃りをしても夕方にはもうプツプツと生えてきて、なんだか報われない!と思う方もいるのではないでしょうか?

なかには、毎日髭剃りをしなくても気になった時にだけ剃るという薄ヒゲ派の人もいれば、1日2回でも3回でも髭剃りをしないといけないという方もいて、個人差がはっきり表れることもあります。

同じ人間のはずなのになぜこんなに生活リズムが違うんだ!と思う方、そもそもどのようにして髭が生えるのかご存知ですか?

実はヒゲが濃い人、また生えるスピードが早い人には、体内で日々生産される男性ホルモンが活性化されることが原因であると言われています。

男性ホルモンを支えるテストステロンは、5αリダクターゼという酵素と結合することで、もっと力の強い男性ホルモンであるジヒドロテストロンに変わります。

そしてこのジヒドロテストロンこそが、お肌を守るために体毛を濃くする指令を出し、根元に働きかけることで男性の髭を濃くするのです。

また、このように髭を濃くするジヒドロテストロンの分泌量に関係する、5αリダクターゼの活性は、両親からの遺伝で決まることが多いと言われています。

そのため、普段の食生活を見直すことはできますが、5αリダクターゼに直接働きかけることができたらさらに効果が絶大なのです。

 

 

根本に直接働きかけるゼロファクターの効果とは?

男性ホルモンは通常、身体の治癒力を高め、丈夫で健康な生活を送れる基礎作りに貢献してくれます。

また、あるマンチェスター大学での研究では、男性ホルモンの働きによって活力が効果的に発揮され、社会での活躍にも貢献することが指摘されています。

しかし、5αリダクターゼとの結びつきでできる強力な男性ホルモン、ジヒドロテストロンによって、ヒゲや体毛とは違い女性ホルモンの働きが強いと言われる毛髪には逆の効果に働いて、抜け毛につながってしまうこともあります。

5αリダクターゼがあることでヒゲが濃くなるだけではなく、ハゲにもつながってしまうなんて悲しいお話ですよね…

そこで、5αリダクターゼの働きに注目し、その抑制によって抑毛の効果を発揮させようと考えたのがゼロファクターシリーズなのです。

ゼロファクターは5αSPシェイブジェルをはじめとして、アフターケア商品も多く開発しており、髭剃りを頻繁に行い、髭の濃さに悩んでいる方々の問題を解決しています。

ゼロファクターシリーズはもう既に180万本を突破しており、18年以上販売されているので、愛用者も多いのです。

では日課の髭剃りを普通に行いながらも、抑毛の効果を実感できる5αSPシェイブジェルと、アフターケアで使える5αSPローションの使い方を見てみましょう。

ゼロファクター最強のダブル使いで効果を上げ、髭剃りの回数をどんどん減らしていきましょう!

 

 

5αシェイブジェルと5αSPローションその違いは?

5αSPシェイブジェルも5αSPローションも、どちらも日課の髭剃りの際に使うものです。

そのため脱毛サロンやレーザー治療とは違い、移動する時間も省けますし、高いお金を払う必要もありません!

そして、どちらも日常使いをしながら、徐々に根本から髭を濃くする原因の5αリダクターゼを抑制して抑毛効果を発揮してくれます。

5αSPシェイブジェルと5αSPローションはその使い方と成分に違いがあります。

5αSPシェイブジェルの使い方は髭剃りの前に塗るだけです。T字のカミソリだけではなく、電気シェーバーにも対応しているので、毎朝時間がない人でも安心して使えますね!

5αSPシェイブジェルの成分には、毛穴をしっかり開かせて、肌をちゃんと守りながら深剃りができる効果があります。

5αSPローションの使い方は、髭剃りの後に塗るだけ。

数回に分けて、まんべんなくたっぷりと塗ってあげるとさらに良く浸透します。

髭剃り直後だけではなく、1日に2〜3回塗ってもダブルで効果が高まるそうです。

5αSPローションには5αリダクターゼの働きを抑制するために、なんと11種類の有効成分が含まれています。

また、5αSPローションのすごいところは、お肌に浸透しやすいように超微粒子化を行い、オリジナルのジェルローション形状で塗りやすく、無駄のない効果を発揮できることです。

ちなみに、どちらも脱毛剤とは違うので、すぐに目に見えて効果があるということはありません。

口コミではすぐに効果が発揮されると期待していたために、効果がないというレビューもありますが、このゼロファクターシリーズは継続して使うことが重要です。

 

 

ゼロファクターのタブル効果で抑毛を目指そう!

本当に5αSPシェイブジェルと5αSPローションをダブルで使わないと効果がないの?と思っている方もいるかもしれません。

もちろんその単体でも、髭剃りの回数を減らすための効果が多くありますが、やはりせっかくゼロファクターを使うならダブル使いをオススメします。

そもそも、髭を薄くするにも、やはり土台となるお肌を綺麗に保つことは必須です。

土台となるお肌が崩れていては、治癒力も低下して、今後もお肌のトラブルを引き起こしやすくなります。

しかし残念なことに、髭剃りをするたびにお肌はどうしても傷ついてしまいます。

だからこそ、5αSPシェイブジェルを使って、お肌をしっかりと守りながら抑毛の効果がある成分を取り入れつつ、5αSPローションでしっかりと保湿をしてあげるのが大切です。

5αSPローションは先ほども見たように、抑毛をさらに促進させてくれる効果が高いので、5αSPシェイブジェルとダブルで使うことでより効果的に髭を薄くすることができます。

そのためゼロファクターの5αSPシェイブジェルと5αSPローションはダブルで売られていることも多いのです。

皆さんもゼロファクターのダブルの使い方を取り入れて、髭剃りから解放された日々を送りましょう!

 

 

髭脱毛や脱毛関連でムダ毛処理に困ってるならおすすめ

↓ ↓ ↓
ゼロファクター公式サイト

-ゼロファクター

Copyright© ゼロファクターで脱毛! , 2017 AllRights Reserved.