*

ゼロファクター

やはりホルモンが関係していた!髭が濃いのはどうやって回避できる?

投稿日:

ホルモンと髭はどういう関係?


 男性だと毎日のように経験する髭剃り。

朝早くに髭を剃ったところで、安心して過ごせるわけではなく、髭が生えるペースの早い男性では午後にはすでにジョリジョリとし始めることも。

髭が濃いか薄いか、生えるペースが早いか遅いかというのは、男性の中でも差があり、一週間に一回しか髭を剃らなくていいという男性に会うと羨ましい!と感じますよね。

そういう髭剃りの日々にうんざりしている男性の皆さん。

そもそもなぜ女性はあまり髭が生えず、男性だけに髭が生え続けるのかご存知ですか?

聞いたことがある方もいるかもしれませんが、やはり髭の生育には男性ホルモンが関係しています。

男性ホルモンは別の名前でテストステロンと呼ばれます。

テストステロンは、筋肉や骨を丈夫にし、健康で快適な生活を守るために欠かせないものです。

例えば、思春期に身長がぐっと伸びたり、骨格が大きくなったりするのは、このテストステロンが大量に生産される時期だからと言います。

しかし、男性ホルモンを表すテストステロンだけでは濃い髭は生えません。

髭が生えるには、テストステロンが、体内にある5αリダクターゼという酵素と結合して、より強力な男性ホルモンであるジヒドロテストロンになる必要があります。








女性にはなぜ濃い髭が生えないのか?


 強力な男性ホルモンであるジヒドロテストロンはお肌を外界の刺激から守るために、体毛を強くするよう毛の根元に命令を出すことで毛を濃くします。

そのため、髭や体毛が濃い男性や生えるペースが早い男性は、このジヒドロテストロンの量が多く、活性しやすいということなのです。

それなら、女性には男性ホルモンがないのか?というと、そんなことはありません。

女性にも男性ホルモンはしっかりと存在しており、濃い髭や体毛の原因を引き起こすこともあります。

そのため、なぜか周りの人と比べて毛を剃る回数が異常に多いような気がする…体毛が濃い気がする…と悩んでいる方は、人より男性ホルモンの活性具合が強いだけで、仕方のないことなのです。

近年ではそのように男性ホルモンが体内に多い女性のことを「女性のオス化」とも言うようですね。

しかし、だいたい女性の体内にある男性ホルモンの量は男性の体内にある量の平均5%〜10%ほどと多くはありません。

また、女性の体内で多く分泌される女性ホルモンは、男性ホルモンを抑制する働きもあるため、男性ほどに男性ホルモンの働きが活発にならないとも指摘されています。

そのため、確かに女性にも男性ホルモンや5αリダクターゼが存在してはいるのですが、女性には濃い髭や体毛が生えにくく、男性には濃い髭や体毛が生えやすくなってしまうのです。








問題は5αリダクターゼにあった!


 さて、これまで見てきたように、元の男性ホルモンであるテストステロンと、体内の酵素5αリダクターゼがくっつくことによって、濃い髭が生えていました。

しかしこの5αリダクターゼという酵素、実は男性ホルモンの活性を助長し、濃い髭や体毛を生やすだけではなく、なんと髪の抜け毛の原因も作るのです。

なぜ髭を濃くする働きと毛を薄くする働きがあるのか?と矛盾に気付かれる方もいるかもしれませんね。

実は、髪の毛には女性ホルモンの力の方が大きく働いています。

女性ホルモンは、髪の毛の成長を促して、その成長期間を長く保つ役割があります。

しかし、5αリダクターゼが根元にあるテストステロンと結びつき、強力な男性ホルモンであるジヒドロテストロンになってしまうことで、髪の成長のサイクルを狂わせてしまうのです。

また厄介なことに、5αリダクターゼの活性は遺伝で決まります。

しかも、5αリダクターゼは男性だけではなく、女性にも存在するので、父親だけが髭や体毛が薄いからといって安心はできません。

もし母親の方にリダクターゼ活性の優性遺伝子があれば、髭や体毛が濃くなる可能性は大いにあるのです。

では、5αリダクターゼの活性は遺伝で決まるといいますが、どうにか日々の取り組みで、濃い髭から解放される方法はないのでしょうか?








それでも髭を薄くしたい方へオススメの対処法!


 実は、5αリダクターゼを抑えるイソフラボンや亜鉛などの栄養素があります。そのため、これらを意識的に摂取することで、遺伝で決まる5αリダクターゼの活性を阻害しようという手を使う方もいます。

しかし、残念ながら、食事から摂取できる量で5αリダクターゼを抑えるのは非常に困難と言えます。

より効果的に、なるべく早く5αリダクターゼを抑えて髭を薄くしたい!と思っている方は、より直接的に毛の根元にアプローチする必要があります。

そこでオススメなのは、ゼロファクターを使うことです。

ゼロファクターは、20年以上に渡って販売されている、髭剃りのケア用品シリーズ。

5αSPシェイブジェルという髭剃りのプレケア用シェイビングジェルと、5αSPローションという髭剃りのアフターケア用のものがあります。

このゼロファクターのすごいところは、製品に含まれている有効成分です!

先ほど紹介したような、5αリダクターゼを抑える効果があるイソフラボンを含んだ成分や、男性ホルモンを抑える数々の成分、また女性ホルモンの働きを活性化させる成分など、抑毛に必要な有効成分をぐっと高濃度に凝縮しているのです。

また、髭剃りの土台となる大事なお肌をしっかりと守れるように、お肌のバランスを整え、潤いを保ち、健康なお肌を作り上げることができるので、髭が薄くなるだけではなく綺麗な見た目も維持できます。

ぜひゼロファクターを使って、濃い髭の処理から解放されてくださいね!








-ゼロファクター

Copyright© ゼロファクターで脱毛! , 2017 AllRights Reserved.