*

ゼロファクター

髭の脱毛や抑毛の種類は?それぞれのメリット・デメリット大調査!

投稿日:

髭剃りが嫌な人は脱毛をする?


うんざりするほど同じ作業の繰り返しなのが髭剃り。

特に髭が濃い人や、髭の生えるペースが早い人などは、頻繁に髭を剃らないといけなかったり、青髭になってしまったりと苦労も多いですよね。

中には髭剃りの回数が驚くほど少ない人もいて、なぜ自分だけが…と悲しくなったことがある方もいるかもしれません。

髭を剃ろうとお肌にカミソリを当てるたびに、お肌は傷ついてしまいますし、髭なんかなくなってしまえばいい!

そのように髭の悩みを持つ人は、一度は髭の脱毛という手段を考えたことがあるのではないでしょうか?

髭の脱毛には、自分でやる方法と外部でやってもらう方法と2種類あります。

まず、自分で脱毛をする方法には、市販で売られている脱毛剤を使って行う場合。

カミソリなどを使って髭を剃るよりもちょっとは深く髭を処理することができ、髭が生えるペースも若干遅くなります。

しかし、強い成分が入っていることが多く、余計に肌を痛めてしまうなど、効果が個人によってばらつきがあるなどというデメリットがあります。

脱毛を安心して行いたいという方は、外部に頼まれる方が多いでしょう。

外部での脱毛には、外部で行う脱毛にも、レーザーとニードル、フラッシュを使う3種類の方法があります。

れぞれの特徴を見てみましょう。








様々な脱毛方法を比較してみよう!


まずはレーザーを使う方法。

レーザーの特徴は、レーザー使用の資格を持つ医者がいる医療機関で行われ、その他では行えません。

メリットは何と言っても、期間でいうと即効性があり、他の方法よりも早く髭の脱毛処理ができることです。また、病院で行うのでトラブルの際も相談できます。

しかし、デメリットとしては、施術中に強烈な痛みがあることがあります。また、光の放射が強いために、人によっては施術後に肌が痛くなったり赤みを伴ったりする場合もあります。

また、レーザー脱毛の値段は非常に高額なことも多いです。お財布と相談する必要があります。

次に、ニードルを使う方法ですが、こちらは80年代からいろんなエステで取り入れられていたので聞いたことがある人とない人が世代によって分かれるかもしれません。

ニードルの特徴は、毛の一本一本に電気を通すことで脱毛を進めるというものです。

ニードルでの脱毛はエステでも行えますが、資格を持ったエステティシャンのみが行えます。

メリットとしては、脱毛の効果が出やすいというのと、髭の一本一本に電気をあてるので、髭をそのまま生やしておきたいところと、脱毛したいところを比較的自由に選べるということです。

しかし、一本一本に電気を通すという特徴のせいで、時間がかかったり、エステティシャンの腕によって期間や値段にばらつきがあったりということがあります。

また、髭を生やしておく必要があるので、前日まで仕事で髭を剃っておかないといけない…という人はちょっと大変かもしれません。

最後にフラッシュを使った脱毛方法。

フラッシュという種類は、最近エステでも脱毛の方法として非常によく取り入れられています。

特徴としては、フラッシュを使った脱毛だと、値段がぐっとお得になるところ。また、痛みが断然少ないというのもメリットです。

ただし、効果という面では即効性はありません。値段もまあまあして期間もかかって通ったのにあまり効果が感じられない、期間の途中でやめてしまったために今までのお金が無駄になってしまったというのはよくあるトラブルのようです。








自宅で簡単にできる抑毛の方法!
ゼロファクターのメリット


結局はどれも完璧な脱毛の種類というのはなく、レーザーもニードルもフラッシュも、期間での即効性をとったらお肌に悪かったり、値段が高かったりとメリットもデメリットもあります。

ここまで脱毛について紹介してきましたが、皆さんは抑毛という言葉をご存知ですか?

よく混合して使われますが、抑毛というのは再生毛を遅らせたり、毛を薄くしたりすることによって、髭の濃さや生えるペースを抑えるという種類の方法です。

脱毛のように即効性はありませんが、お肌に無理をかけることがなく髭を薄くできるというのがメリットです。

その抑毛剤で人気の商品として知られているのが、20年来の販売実績を持ち、180万本以上を突破しているゼロファクターです。

ゼロファクターは、髭剃りの前後に行うスキンケア用品シリーズのことを指します。

5αSPシェイブジェルというプレケア用のシェイビングジェルや、5αSPローションというアフターケア用の製品があります。

実はこのゼロファクターの特徴は、その製品に含まれている抑毛の成分。

髭の育成に関わる強力な男性ホルモン、ジヒドロテストロンの生産を抑えるために、その構成要素である5αリダクターゼという酵素を抑制する成分を、高濃度に含んでいます。







ゼロファクターにも弱みはあるのか?


このゼロファクターのメリットは、上記で触れたように抑毛の成分がたっぷりと含まれていること。そう聞くと使った瞬間すぐに効果が出そうな気がしますよね。

しかしそのゼロファクターにも弱みはあります。

それはこれまで見てきた脱毛の方法よりも期間がかかるということ。

脱毛よりも即効性はありませんので、時間をかけて、カミソリで傷んだお肌を修復しながら抑毛の有効成分をしみわたらせ、髭を徐々に薄くしていく期間が必要です。

人によってその効果が表れる期間にはばらつきがありますが、3か月ほどで効果が出る方もいれば、1年以上かけてゆっくり効果を発揮する場合もあります。

とはいえ、値段も外部での脱毛ほど高くはなく、今使っているスキンケア用品をこのゼロファクターの製品にするだけでいいので、費用対効果も優れているのが特徴です。

しかも含まれている成分が天然由来のものばかりなので、お肌に負担をかけずに抑毛の効果をしっかりと発揮することができるのです。

私はお肌に優しい抑毛の成分を含んだもので、値段も抑えながら抑毛を行いたいので、やはりゼロファクターがオススメだと思います。

皆さんもご自分の希望にあった方法で髭の悩みを解決してくださいね!







-ゼロファクター

Copyright© ゼロファクターで脱毛! , 2017 AllRights Reserved.