*

髭剃り 肌トラブル 髭剃り ニキビ

髭剃りによるニキビやカミソリ負けの肌トラブル…最適な対処法は?

投稿日:2017年4月28日 更新日:

髭剃りにつきものの肌トラブル

決まって毎日のようにやらなければいけない髭剃り。

外回りが多くて印象を良くしたい場合や、髭が似合わない、髭が好きじゃない、家族に嫌がられるなど、人によっていろんな髭剃り事情があると思います。

髭剃りをする習慣は、仕方ないことだとしても、どうしてもお肌をどんどん傷つけていきます。

髭は他の体毛に比べても太くて固いので、無理な剃り方などをしてカミソリ負けを繰り返し、毛穴を傷つけると、毛穴が炎症を起こしてしまいます。

炎症が起きると、そこから痛みにつながったり、ニキビのもとになったりします。

ニキビができてしまうとさらに大変です!

ニキビができても、髭剃りをやめるわけにはいかないので、繰り返しお肌や毛穴を傷つけ続けたり痛みを与えたりしますよね。

そうするとニキビも悪化して、色素沈着や、お肌の凸凹になるクレーターなどが発生してしまいます。

ニキビでもクレーターになると治療が非常に困難なので、事前に防ぐことが重要です。

剃ってダメなら抜いてみよう!と髭抜きをする人もいますよね。

髭抜きは一見、すっぽりと髭が抜けますし、生えてくるのも遅くなるので、なんだかお肌にもいいような気がします。

何より、髭抜きをするときのあの感覚がたまらない!とはまる人もいるようです…

 

 

できれば避けたい…髭の処理による疾患

しかし、実は髭抜きは お肌にとって非常に危険な行為です!

特に日常的に髭抜きを行っている人、はまっている人は、さらなる肌のトラブルを引き起こす可能性が高いです。

その代表例として、毛包炎という疾患があります。

毛包炎とは、細菌によって感染する疾患のひとつで、毛の根元に当たる毛包という部分が傷つき、炎症や痛みが起きることです。

別名では毛嚢炎とも言われます。

毛包炎は、一見外から見ると赤いブツブツのてっぺんが白くなっていて、白いニキビのようにも見えます。

この毛包炎は、軽度の場合はそのままにしていても自然治癒することがありますが、炎症がひどくなり症状が重くなると、発熱や痛みを引き起こすこともあり、油断はできません。

髭抜きでなく、例えばレーザーやワックス、フラッシュ(光)脱毛を行った場合でも、毛包に傷がつくことがあるので、毛包炎になる可能性はあります。

一番いいのは、お肌を守りつつ、毛包を傷つけないようにしながら髭の処理を行うことなのです。

とはいえ、髭剃りも髭抜きもお肌に悪い、脱毛レーザーや脱毛剤などでも炎症や毛包炎が起きる可能性がある、となると、残された手段がないような気がしますよね…

ポイントは、お肌に負担をかけないようにしながら、髭剃りの回数を減らすことなのです。

 

 

お肌を守りながら髭を処理する方法

そんな夢のような話を現実に叶えてくれるもので、話題沸騰しているのにゼロファクターというものがあります。

ゼロファクターは、髭剃りの前後に行うスキンケア用品シリーズのことを言い、抑毛剤という種類にあたります。

抑毛剤は、よく脱毛剤と混合されることも多いのですが、効果の表れ方や目的が異なります。

抑毛剤は、再生毛の育成を妨げたり、毛を細くしたりすることで、徐々に時間をかけて髭を抑えるというものです。

特にゼロファクターが注目したのが、髭の育成の命令を出す強力な男性ホルモン、ジヒドロテストロンをいかに発生させないかということ。

そのために、ジヒドロテストロンを発生させる5αリダクターゼという酵素に注目しました。

そのため、ゼロファクターの製品には、5αリダクターゼを抑制する成分や、男性ホルモン自体の活動を抑える成分、また男性ホルモンに対峙する女性ホルモンの活動を促進する成分などをぎゅっと詰め込んでいます。

また、同時に炎症やニキビなどお肌のトラブルを解決して、お肌の健康状態を向上させるために、チョウジエキスやサンショウエキスなどお肌の栄養補給になる成分もたっぷり含んでいます。

これらの成分は天然由来のものばかりなので、お肌に負担になることもなく、優しく守るようにしながら抑毛の効果も同時に発揮できるのです。

 

 

ゼロファクターのダブル使いが抑毛&スキンケアに効果抜群!

特に、ゼロファクターの中でもアフターケアで使える5αSPローションは、抑毛に効く有効成分が11種類も含まれており、独自のジェルローション仕様なので、ナノ化された有効成分をすーっとお肌の奥深くまで浸透させることもできます。

さらに、5αSPローションの効能を最大限に引き出すために開発された5αSPシェイブジェルを髭剃り前に使えば、抑毛成分をお肌にダブルで送り出すだけではなく、毛穴を開いて、しっかりと深剃りができるようにしてくれます。

とはいえ、やはり抑毛剤なので脱毛剤に比べて時間はかかります。

ゼロファクターの効果が出る期間もお肌の元々の状態などによっても異なり、中には3か月ほどで抑毛の効果を実感したという人もいれば、1年以上かけてじっくりと効果が表れたという人もいます。

しかし、どうしてもお肌のサイクルのことなので、無理やり髭剃りをしたり髭抜きをしたりするのはお肌に合わないのです。

だからこそ、お肌のサイクルに優しく働きかけながら、髭剃りの回数を徐々に減らすことでカミソリ負けを避け、同時にお肌の状態をよくしていくということが大切なのです。

皆さんもゼロファクターでお肌を大事にして、トラブル&髭剃りフリーな毎日を送ってくださいね!

 

 

髭脱毛や脱毛関連でムダ毛処理に困ってるならおすすめ

↓ ↓ ↓
ゼロファクター公式サイト

-髭剃り 肌トラブル, 髭剃り ニキビ

Copyright© ゼロファクターで脱毛! , 2017 AllRights Reserved.